お探し介護トップページ > お探し介護ニュース > 日本の自殺者の現状と対策について

日本の自殺者の現状と対策について

日本の年間自殺者の数は30000人と言われていますが、これは先進諸国の中でももっとも多い数で、驚くことに自殺未遂者は自殺者の少なく見積もっても10倍となる30万人となります。この結果は毎日1000人もの人が自殺を図っている結果となります。日本において自殺は主要な死因となっており、がんやその他疾患い次いで多い死因であると言えます。
自殺者が増えることは少子高齢化の日本で深刻な問題で、政府は2006年10月には自殺対策基本法を制定し、地方自治体に対して自殺志願者救済や自殺抑止に注力するよう指示をしています。
自殺原因として、職場や学校での人間関係や職場の労働環境、生活苦や金銭問題が多いと言われ、心身の状態が悪化した結果として自殺を考える人が多いです。自殺のリスクファクターとなる問題を解決する支援が必要となります。精神疾患やアルコール依存、薬物依存など自殺を引き起こすリスクの高い人の支援として、各自治体に相談窓口が設置されています。   
日本の自殺者の現状と対策について