お探し介護トップ > 取材レポート > 住宅型有料老人ホーム「プラテシア センター南」(グッドタイム リビング株式会社)

住宅型有料老人ホーム「プラテシア センター南」(グッドタイム リビング株式会社)

「プラテシア」から「グッドタイム リビング」への“移り住み”サービス

 お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。今回は住宅型有料老人ホーム「プラテシア センター南」を訪ねました。


 横浜市営地下鉄「センター南」駅から徒歩約2分、という好立地にそびえ立つ建物内に同居している2つの施設、「グッドタイム リビング センター南」と「プラテシア センター南」。といっても、両施設ともに「グッドタイム リビング株式会社」という会社の運営なので、別の施設が2つあるというよりは、「グッドタイム リビング センター南」の元気な方向けフロアが、「プラテシア センター南」である。と、ご理解ください。

 前回はその「グッドタイム リビング センター南」を取り上げたので、今回は「プラテシア センター南」にフォーカスしてご紹介。ですが、その前に、大事なポイントとして、「いざという時に安心、移り住みサービス」を頭に入れておきましょう。

 それはつまり、「プラテシア センター南」に入居されたお元気な方が、将来、介護が必要になった場合、「グッドタイム リビング センター南」への“移り住み”を選択できますよ、ということ。「グッドタイム リビング センター南」は24時間365日介護スタッフが常勤、日中(9時~18時)は看護師も常駐、夜間はオンコール体制で医療機関と連携を行い、緊急時も24時間体制で対応しますから、介護度が高くなっても安心して暮らせます。

 受け入れは自立の方から要介護5まで。対応可能な医療行為はターミナルケア(看取り)、透析、在宅酸素、胃ろう・腸ろうなどの経管栄養、膀胱用留置カテーテル、バイパップ(人工呼吸器)、口腔内の吸引、スートマ(人工肛門)、インスリン、褥瘡(床ずれ)、人工膀胱、導尿、ペースメーカー、膀胱洗浄。その他の医療行為についてもご相談を。住宅型有料老人ホームでありながら、介護付き有料老人ホームにもひけを取らない万全の医療体制。それが「グッドタイム リビング センター南」です。

 介護サービスでも負けてませんよ。主なサービスだけでも、1日3回レストラン等での食事に必要な、準備、介助、後片付けを行う「食事介助」、週3回入浴(身体の状態により、うち1回が清拭または足浴になる)のための準備、見守り、介助および後片付け等を行う「入浴介助」、都度、排泄のための準備、見守り、介助、オムツ交換および後片付けを行う「排泄介助」、都度、朝夜の着替え、食後の歯磨き等の見守り、介助等を行う「お着替え、整容、口腔ケア」、週1回、部屋の清掃やベッドのシーツ交換を行う「清掃、リネン交換」、週2回の「洗濯」、「買い物同行・代行」、「デイサービス」(外部のサービスも利用可)、「訪問リハビリ・訪問マッサージ」等々を、施設側からの押しつけではなく、必要なだけチョイスできるのが住宅型有料老人ホームのいいところ。介護保険サービスの内容を超えた場合は個別有料サービス費用の負担となります。

 おっと、今回は「プラテシア センター南」について取り上げるはずなのに、「グッドタイム リビング センター南」の医療体制や介護サービスの説明で文字数とられてしまいました。が、まあ、前回の補足ということでご了承を。これら「グッドタイム リビング センター南」の医療や介護サービスが、「プラテシア センター南」からの“移り住み”によって享受できるというわけですが、もちろん可能な範囲であれば、「プラテシア センター南」に入居したままでも受けられますので、お元気な方にとっても、いざという時の安心感は絶大です。

  

「プラテシア センター南」のエントランス


エントランスの奥から逆に見るとこんな感じ。


エントランスの奥にある書斎風のデスク

「プラテシア センター南」の資料請求・見学予約はこちら >>

「プラテシア センター南」の資料請求・見学予約はこちら >>

ページトップへ