お探し介護トップ > 取材レポート > 介護付有料老人ホーム「ラ・ナシカ こまつがわ」 (株式会社シダー)《後編》

介護付有料老人ホーム「ラ・ナシカ こまつがわ」 (株式会社シダー)《後編》

赤い2本の柱が目印の地上5階建。居室戸数32室。

お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。介護付有料老人ホーム「ラ・ナシカ こまつがわ」の後編です。


 JR平井駅から下町風情を感じながら辿り着いた「ラ・ナシカ こまつがわ」の外観は、こう言っては申し訳ないけど、狭い土地を目一杯使って建てた建物、という印象。玄関横の壁面に非常階段が張り出しているので余計そう感じるのですが、これは土地が高い都市型の宿命でしょう。聞けばここもやはりもと工場があった場所だそうです。

 でも、5階建ながらこじんまり感もある建物にあって、非常階段を支えて地上から屋上まで伸びている2本の柱、これだけが赤くてよく目立ちます。その存在を強烈に主張している、と言ってもいいでしょう。初めての人にはこの赤い双柱がいい目印になって、わかりやすいのではないかと思われます。多分、それも計算に入れたデザインなのでしょう。

 では、建物の中へ。玄関は一つですが、中でデイサービスとは入り口が分かれていて、老人ホームとしての1階はほぼ受付のみ。木製のベンチに夏を感じさせる装飾が施されていました。

エレベータ前の壁には賞状も飾られています。これは「ラ・ナシカ」グループ全体で行われるイベントやコンテストに出場して表彰されたときのものだそうです。

 言い忘れましたが、「ラ・ナシカ」の名を冠した施設は老人ホームだけでも30数施設。グループホームやデイサービスを含めた総数は、もうそれぐらいになると正確な数を調べるのはあきらめますが(笑)、相当な数に上ります。

 当レポートの前編で、「ラ・ナシカ」グループの運営会社である株式会社シダーの母体は、「巨樹の会」という病院グループだと述べましたが、「ラ・ナシカ」だけでも結構な規模を誇る一大グループなんですよねえ。

そのグループの中で、各施設同士の交流の一環として数々のイベントやコンテストが開催されていて、入賞者にはこうして表彰状も贈られるということですから、それはさぞ励みになることでしょう。できたら一度そうしたイベントやコンテストも取材させていただきたいものですが、いかがでしょうか、平林さん?

カラオケルーム。もちろんカラオケマシンも防音も本格的


シアタールーム。映画以外にも、孫の運動会など、家族の思い出の映像も鑑賞可。

「ラ・ナシカ こまつがわ」の資料請求・見学予約はこちら >>

「ラ・ナシカ こまつがわ」の資料請求・見学予約はこちら >>

ページトップへ