お探し介護トップページ > 相談室の取材レポート > 介護付有料老人ホーム「ヒュッテ目黒」 (東京海上日動ベターライフサービス株式会社)《前編》

介護付有料老人ホーム「ヒュッテ目黒」 (東京海上日動ベターライフサービス株式会社)《前編》

「東京海上グループの総合介護事業会社」が運営する安心の施設

 お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。今回は介護付有料老人ホーム「ヒュッテ目黒」を訪ねました。



 「ヒュッテ目黒」を運営しているのは、東京海上日動ベターライフサービス株式会社。2007年5月の開設当初の運営は、東京海上日動サミュエル株式会社でしたが、2016年7月にグループ内の在宅介護事業会社と合併し、「東京海上グループの総合介護事業会社」として、現在の東京海上日動ベターライフサービス(株)へと名称を変更しました。

 つまり、「ヒュッテ目黒」の経営母体は、あの、天下の「東京海上グループ」だぞ、と。保険業界では自他共に認めるリーディングカンパニー。その名を出せば、泣く子も黙る、超メジャーな……って、すいません、調子こいて筆が滑りました。茶化しているわけではなくて、ただ、「東京海上グループ」の規模がいかに大きいか、を強調したかっただけです。そして、「ヒュッテ目黒」は、そんな一大グループが運営している施設なのですから、利用する側はご本人もご家族も、安心して身を任せていいんじゃないでしょうか、と、そう言いたかったのです。ご理解いただけたら幸いです。

 その東京海上日動ベターライフサービス(株)の事業内容は、在宅介護サービス「みずたま介護ステーション」の運営、介護付有料老人ホーム「ヒルデモア」「ヒュッテ」の企画・販売・運営、サービス付き高齢者向け住宅の運営、企業・法人向けソリューションサービスの提供、など。

 これらを通じて、社会全体の“ベターライフ”を実現すること、そのために、「品質の高い介護サービス」にこだわり、「心豊かに笑顔で暮らせる社会」をつくるために、東京海上日動ベターライフサービスは日々研鑽に励み、新たな挑戦を続けています。
  

「ヒュッテ目黒」の外観。洗練された都会風。


建物をくり抜いたように奥まった玄関。向こうに見えるのは大鳥神社


玄関エントランスの右側。障子を開ければスタッフルーム。

「ヒュッテ目黒」の資料請求・見学予約はこちら >>

「ヒュッテ目黒」の資料請求・見学予約はこちら >>

ページトップへ