お探し介護トップ > 取材レポート > 介護付有料老人ホーム「八王子同友会 長寿の森」(医療法人社団 同友会) 《前編》

介護付有料老人ホーム「八王子同友会 長寿の森」(医療法人社団 同友会) 《前編》

60年の歴史と年間60万件超の検査実績を誇る「医療法人社団 同友会」が運営する介護付有料老人ホーム

 お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。今回は介護付有料老人ホーム「八王子同友会 長寿の森」を訪ねました。



 「八王子同友会 長寿の森」の運営元は、「同友会」という医療法人です。いや、正確にいえば、医療法人社団、なんですが、医療法人は医療法人社団と医療法人財団とに大きく分けられ――って、説明しだすと長くなるので止めときまして、ここでは単に“医療法人”としておきましょう。

 言い直しますと、「八王子同友会 長寿の森」は、「同友会」という医療法人が運営する介護付有料老人ホームであり、それが特徴の1つでもある。と、いうわけですが、医療法人が運営する老人ホームというのは、これまでも当お探し介護・取材レポートに何度か登場しています。だから、さほど珍しいもんでもないかな、と思いきや、ちょっと待った!

 私、寡聞にして知らなかったのですが、この「医療法人社団 同友会」というのがですね、じつは、業界ではかなり有名らしいんです。頂いた資料に紹介文があったのでそのまま引用します。

「医療法人社団 同友会は1959年に創立され、70年に集団検診事業を開始、71年に江東区三好に旧・同友会病院『現・深川クリニック』を開設しました。その後も予防医学の輪を広げるため74年に文京区の春日に『春日クリニック』(宿泊ドック・脳ドック・精密検査・専門外来等)90年に『春日クリニック第二』(日帰りドック・各種施設健診)を開設、2013年『春日クリニック』『春日クリニック第二』を1箇所に統合し現在に至っております。2017年より有料老人ホーム『八王子同友会・長寿の森』の運営を継承し、医療、健康管理、老人福祉に取り組み、同友会グループの老友新聞社が発行する日本老友新聞などを通じて、医療と福祉の両面で社会に貢献しております」

 そして現在、品川、春日、深川にあるクリニックで施設検診に人間ドック、精密検査や専門外来の特別ドックを、新座、松戸の診療所や横浜クリニックでは巡回健診を、その他医療機器販売や「老友新聞」の発行などなど、幅広く展開。伝統・実績・進取で真の健康生活を見つめる同友会グループの詳細は、ホームページ(http/www.do-yujai.com)をご覧ください。

 そうした60年の歴史を持ち、年間60万件超の検査実績を誇る「同友会」が運営する介護付き有料老人ホーム、それが「八王子同友会 長寿の森」です。
  

「八王子同友会 長寿の森」外観。1階は「同友会八王子診療所」入口


風格ある門を過ぎると左手に「同友会八王子診療所」。奥に進めば駐車場。


6階建A棟の威風堂々の外観。

ページトップへ