お探し介護トップページ > 相談室の取材レポート > 介護付有料老人ホーム「クロスハート石名坂・藤沢」 (社会福祉法人 伸こう福祉会)《後編》

介護付有料老人ホーム「クロスハート石名坂・藤沢」 (社会福祉法人 伸こう福祉会)《後編》

特長その2:ラウンジから望む、色とりどりの「薔薇」が自慢の庭園

 お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。介護付有料老人ホーム「クロスハート石名坂・藤沢」の後編です。


 前編では「クロスハート石名坂・藤沢」の3つの特長のうちの1つ、「天然温泉」について、源泉名から泉質、効能に至るまで取材させていただきましたので、後編は残り2つの特長について。ええっと、特長その2は何でしたっけ?藤澤さん。

「それは食堂に行けばわかりますので、ご案内しましょう」
 はいはい、行きましょう。食堂ということは、特長その2は「食事」ですね? そういえば、クロスハート・シリーズの食事は美味しいと評判ですし、前回試食させてもらった「クロスハート湘南台・藤沢」の食事も美味しかったですからね。

「ええ、食事もうちの自慢の1つであることは間違いありません。手作りにこだわり、厨房スタッフが心を込めてつくる7種類のメニューの中から、好きなものをお選びいただけます(注文は前日まで)。また、皆さん甘いものがお好きなので、手作りのホットケーキなんかも人気です。でも、それは特長の2つ目ではないんです。まあ、とりあえず行きましょう」

 と、言われて向かった食堂は、1階正面玄関から入ってすぐの扉の向こう。改装型の同施設は、普通の老人ホームでよくあるように、玄関入ってすぐのところにエントランスやロビーなどはありません。その代わりといってはなんですが、食堂が思いがけないほど広くて明るく、開放的な空間となっていて、そこがロビーの役目も兼ねているようです。食堂というよりはラウンジですね。

 取材当日もここには人がたくさんいて、活気があって、老人ホームとは思えないほど賑わっていました。ちょうどお昼どきでしたからね。奥に見える厨房の窓口には赤いテント状のヒサシもあしらって、オシャレなカフェのような雰囲気もあります。

 しかし、それは特長というほどではないかな、なんて思っていたら、「じゃあ、外に出てみましょうか」と、藤澤さんが仰るので、言われた通り外へ出ると、ああ、なるほど、と。そこに広がっているのはただの庭園ではありません。あの、お花や庭が好きな人なら憧れの「薔薇(バラ)の庭園」、つまりバラ園。気取って英語でいえば、「ローズガーデン」なんですねえ。

 もっとも、取材時はたまたまオフシーズンだったので残念ながら花はちらほらとしか咲いておらず。それでも、花なんか全然詳しくない私でも、バラ特有のトゲのある茎や葉っぱなどから、シーズンになればさぞかし色とりどりのバラの花が咲き誇る、美しい庭園となるであろうことは容易に想像できます。シーズンがいつかは知らないけど。

 そのシーズン真っ盛りのバラ園の様子を読者の皆さんにも見せたくて、後日、藤澤さんにお願いして、写真を送っていただいたので、どうぞご覧ください。

 バラの庭園は、ラウンジの中からでも十分に楽しめますが、できれは外へ出て(出入りは自由なので)、その香りや感触なども堪能されてみることをお勧めします。花や緑に囲まれた白いテーブルやチェアに座って、紅茶など嗜まれるのもいいですねえ。

 そんな優雅な、夢のような時間が過ごせそうなバラのお庭が、「クロスハート石名坂・藤沢」の2つ目の特長です。


  

当施設の特長その2:バラの庭園


施設から送って頂いたバラのシーズン中の写真


自慢のバラ庭園を食堂ラウンジから望む

「クロスハート石名坂・藤沢」の資料請求・見学予約はこちら >>

「クロスハート石名坂・藤沢」の資料請求・見学予約はこちら >>

ページトップへ