お探し介護トップページ > 相談室の取材レポート > 介護付き有料老人ホーム「アズハイム杉並井草」(株式会社アズパートナーズ)《前編》

介護付き有料老人ホーム「アズハイム杉並井草」(株式会社アズパートナーズ)《前編》

首都圏を中心に18施設を展開している「アズハイム」シリーズ

 お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。今回は介護付き有料老人ホーム「アズハイム杉並井草」を訪ねました。


 首都圏を中心に広がる「アズハイム」シリーズ。じつは、ずいぶん前になりますが、当「お探し介護」取材レポートでも過去、「アズハイム町田」「アズハイム川崎中央」「アズハイム横浜上大岡」の3施設を取り上げています。

 今ちょっと過去の掲載歴を見てみると、どうやら2015年から2016年にかけて掲載されていましたから、それから早や3年の月日が経ったわけですね。光陰矢の如し。

 その当時の「アズハイム」シリーズは、掲載歴によると14施設だったようですが、その後順調に数を増やし、現在は全部で18施設(デイサービス除く)。18施設なら全部列挙できそうなので、やってみましょう。

名称からアズハイムは略して地名のみ記します。01大泉学園、02光が丘、03文京白山、04町田、05練馬ガーデン、06杉並井草(今回登場の施設です)、07横浜東寺尾、08横浜上大岡、09横浜いずみ中央、10川崎中央、11中浦和、12東浦和、13南浦和、14川越、15三郷、16千葉幕張、17市川、18市川アネックス、以上。

 ナンバリングについては、取材時に頂いた資料にあったそのままで、開設した順ではないようです。以下、その資料が大変しっかりしているので、これをもとに話を進めます。

 通常、取材時にいただくのはたいていパンフレットのみでして、まあ、そこから引用というのもよくやるんですが、今回はパンフレットとともに、おそらくパワーポイントとおぼしき手作りの資料を頂きまして、これがじつにわかりやすく、要点がまとめられているんですね。それをそのまんま引用するのは、パンフレットから引用するよりさらに手を抜いているようで、申し訳ない気がしないでもないですが、まあ、今回だけ特別に。

 というわけで、「アズハイム」シリーズの中でも最も新しい、杉並区では初めての施設として、今年2019年5月にオープンしたばかりの「アズハイム杉並井草」の概要から。

 建物は4階建てで、居室は全室個室の全56室(定員も56名)。全居室Aタイプ(15.12㎡~15.20㎡)とありますから、ほぼ1タイプと思っていいでしょう。人員配置は2.5対1以上。基準とされる3対1を余裕で上回る手厚い人員配置です。入居時条件は、65歳以上の要支援・要介護者。自立の方については、応相談、となります。

  

1階エントランスホール


エントランスホールの受付カウンター


受付カウンターの後壁にあしらった緑のアクセント

「アズハイム杉並井草」の資料請求・見学予約はこちら >>

「アズハイム杉並井草」の資料請求・見学予約はこちら >>

ページトップへ