お探し介護トップページ > お探し介護ニュース > 認知症による徘徊の対策として期待される通信技術LPWA
 ニュース

認知症による徘徊の対策として期待される通信技術LPWA

高齢化社会がすすんでいる現代において、認知症を抱える高齢者の数も増加しています。認知症の症状の中でも目を離せない徘徊は、介護する側にとっても負担が大きく、介護される側の危険も懸念される症状です。そのため、徘徊する認知症の高齢者を早期に発見し保護することが重要であり、見守りサービスなどが展開されていますが、通信に係る高いコストと機器のバッテリーの関係で長い時間使用できないなどの課題があります。
平成28年11月に株式会社LiveRidgeによって、省電力の通信技術LPWAで高齢者を捜索できるサービスLiveAirが開発され、実証実験によって有効性が認められたという発表がありました。このLiveAirは低コストで耐久性を持つ認知症による徘徊の捜索に必要なサービスの高まりを受けて、39Meisterと株式会社ヘッドウォータースとの連携によって開発されました。
LiveAirは、徘徊する高齢者へあらかじめ位置情報送信機を持たせ、LPWA通信を利用し位置情報を介護する側が確認できるサービスです。実証実験で有効性が示されたことにより、LiveRIdge社は2017年にLiveAirの本格市場導入を目指しており、徘徊による捜索をサポートできるサービスの導入が期待されます。   
認知症による徘徊の対策として期待される通信技術LPWA

ページトップへ