お探し介護トップページ > 相談室の取材レポート > 住宅型有料老人ホーム「未来倶楽部 港南中央」(株式会社 未来設計)≪前編≫

住宅型有料老人ホーム「未来倶楽部 港南中央」(株式会社 未来設計)≪前編≫

横浜市営地下鉄ブルーライン「港南中央」駅より徒歩14分

 お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。前回からずいぶん間が空いてしまいましたが、久ぶりに復活、再スタート致しました。その記念すべき(というほどでもないけど)再開第一弾は「未来倶楽部 港南中央」を訪ねました。

「未来倶楽部 港南中央」の最寄駅は、横浜市営地下鉄ブルーライン「港南中央」。地上に出で、目の前を走る鎌倉街道に沿って左へ進むと、前方に高速道路の高架が見えてきます。高架の下、「日野立体」の交差点を渡ればデニーズがあり、その脇の急な坂を登れば到着です。徒歩約14分、距離にして1.1km。駅からほとんど一直線でとてもわかりやすく、デニーズ横の坂だけは急で注意が必要ですが、そこ以外はほぼ平坦な道のりですから、徒歩14分でもさほど遠くには感じません。
 ただ、後で聞いたところによると、バスを使えばもっと楽。「港南中央」駅出口すぐのバス停からひっきりなしに通っているバスに乗って、「新吉原橋」停留所下車、徒歩3分、230m。と、パンフレットにはありますが、その次の「日野墓地入口」停留所からなら坂道を登らなくてもいいのでおすすめです。
取材当日は、そんなにバスが便利とは知らなかったので、「港南中央」駅から徒歩で。デニーズ横の坂を登ると、左手に駐車場があり、その駐車場を突っ切るように進んだ奥にある、見覚えのある3階建ての建物が「未来倶楽部 港南中央」です。
 見覚えのある、というのは、以前も「未来倶楽部」を取材したことがあるから。そのときは「未来倶楽部 中野島」でしたが、白を基調に淡いピンクもしくはペールオレンジを配した外観や雰囲気はやはり似ていて、わかる人にはわかる「未来倶楽部」らしさを感じます。
 ちなみに「未来倶楽部 中野島」を取材したとき、未来設計の有料老人ホームは27施設でしたが、現在は37施設を首都圏で展開。ここ1~2年で10施設も増えたことになります。目覚しい成長ぶりですね。
  

外観

「未来倶楽部港南中央」の資料請求・見学予約はこちら >>

「未来倶楽部港南中央」の資料請求・見学予約はこちら >>

ページトップへ