お探し介護トップページ > 相談室の取材レポート > 住宅型有料老人ホーム「未来倶楽部 港南中央」(株式会社 未来設計)≪後編≫

住宅型有料老人ホーム「未来倶楽部 港南中央」(株式会社 未来設計)≪後編≫

機能性を重視した造り。居室は全室個室の全52室。

お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。「未来倶楽部 港南中央」の後編です。

 前編で1階食堂を見たあと、同じく1階にある浴室へ。機械浴室とは別に個浴の浴槽が3つ。3つとも同じ浴室内になりますが、広々とした浴槽なので、狭い個浴よりも開放感があり、作業もしやすそう。それぞれの浴槽をカーテンで仕切ることもできますから、プライバシーもOKです。

 食堂や浴室を見せていただいて感じたのは、最も重要視しているのが、恐らく“機能性”であろう、ということ。エントランスや廊下などの共用スペースには必要最低限のものしかなく、すっきりしていますが、代わりに食堂は思い切って広く、浴室にもかなりのスペースをとっています。食堂が広いのは、機能訓練室も兼ねていて、ここで各種の機能訓練や体操、さまざまなイベントにレクリエーションなども行われますから、ある程度の広さが必要なのはわかります。しかし浴室の広さ、とくに脱衣スなどのスペースの広さは特記すべきでしょう。恐らく作業効率など綿密な計算のうえでのこの広さだと思います。

 その代わりといってはなんですが、大浴場はありません。聞けば、「入居者様のほとんどは介護付きの方だから」とのこと。いっそ潔ささえ感じます。居室は52室。全室個室で居室面積約18㎡の1タイプのみ。2人部屋とか、グレードアップの部屋とかはありません。すべてほぼ同じ部屋というのも割り切っていていいと思います。
  

廊下。2階と3階では少し雰囲気が変わる

「未来倶楽部港南中央」の資料請求・見学予約はこちら >>

「未来倶楽部港南中央」の資料請求・見学予約はこちら >>

ページトップへ